THAの麻酔法として何がいいのか?のReviewです。

Does regional anesthesia improve outcome after total hip arthroplasty? A systematic review. BJA 2009.103.335-345.

①Mortality:276人 2study.  GA vs RAで変わらない

②Cardiovascular morbidity: 6study.

  • Hypotension(induction) : GA+Epi vs GA; 41% vs 23%, p=0.0049
  • Hypotension(intraoperative):54% vs 35%, p=0.04
  • Hypotension(postoperative):Epi vs systematic analgesia,様々
  • Hypotension(postoperative):CFNB vs CEA; 0% vs 40%, p=0.01
  • 心筋虚血 or 不整脈:GA with or without lumbar EA 変わらない
  • Bradycardia:CEA or CLPB vs systematic analgesia 変わらない
  • Hypotension(postoperative): CLPB vs systematic analgesia 変わらない 

③Thrombosis

  • Distal: エノキサパリンを使用しないGA vs 使用したSA; 11% vs 0%
  • Proximal: 変わらない
  • PE: 変わらない

④Blood loss

  • 術中出血量がGAに比べRAで減少 595 vs 118
  • 術後出血量がGAに比べRAで減少 517 vs 140
  • 輸血量が1.3-1.7u RAで減少
  • LPBを併用するとGA単独より出血が減る。

⑤手術時間

  • 麻酔法で変わらない

⑥術後鎮痛

  • 11のRCT RAはpain scoreとモルヒネ使用量を減らす
  • LPB単回投与はpain scoreとモルヒネ使用量を減らすが、短時間
  • CLPBは48hまでsystematic analgesiaより効果がある
  • EAは8〜48時間鎮痛効果がある
  • FICBはプラセボより24時間までのモルヒネ使用量を減らすがpain scoreは変わらない
  • FNB, CFNBともに効果はない
  • 持続脊椎麻酔は24時間有効

⑦adverse effects

  • 9のstudy, postoperative nausea はRAで85-93% 相対リスクが減る
  • 4のstudy,Vomittingは100%相対リスクが減る

⑧認知機能

EAはGAより術後の認知機能が優れていた

⑨滞在期間

4のstudy,有意差なし

⑩リハビリ

3のstudy, 1日の歩行時間・activity score・歩行までにかかる時間・股関節の動きはRAのメリットがなかった。ただし副次評価項目。