日本心臓血管麻酔学会 第23回学術大会(2018年9月14~16日(京王プラザホテル))会期中に開催されました「ランチョンセミナー1(9/14)」にて、国沢教授がご講演なさいました。学会初日のランチョンセミナーにも関わらず100名を超える先生方にお集まり頂き、大変盛況な会となりました。

「心臓麻酔に必要な筋弛緩薬に関する知識」と題し、筋弛緩薬のPKPDやモニタリングを概説され、自験例を交えてロクロニウムのTCIや実測結果等をご解説頂きました。また心臓外科、血管外科における覚醒下手術やビデオ会議システムを用いました遠隔医療など最新の話題につきましても、大変わかりやすくご講演頂きました。

ご講演では参加型のアンケートシステムを用いられ、参加頂きました先生方のお考えをリアルタイムで確認されながらのご講演となり、多くの先生方が楽しみながら積極的に参加されていました。