国立大学法人 旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座の情報発信サイトです。日々のミニ講義、学会報告の様子等をお伝えします。

緩和部門

緩和部門:DPC DPC

  DPC:Department of Palliative Care

緩和ケアとは

緩和ケアは、体のつらさ、気持ちのつらさ、生活上のつらさを抱えた患者さんとご家族を総合的に支えていく医療やケアのことをいいます。緩和ケアでは、その人の病名や病状よりは、その時の「つらさ」に目を向けます。 ですから、病気の種類や時期に関係なく「つらさ」がある時にはいつでも受けることができるものです。

世界保健機関の定義

人生を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早い段階から痛みや、身体的、心理的、社会的、スピリチュアルな問題に関して適切な評価をおこない、障害とならないように予防したり対処したりすることで、QOL(Quality of Life)を改善するためのアプローチである。”

体制

麻酔科出身医師も、積極的に緩和ケア診療に参加しています。診療部長は国沢教授が兼任し、山本兼二助教が専任として多くの患者様を受け持っております。 緩和ケア診療部のHPも御覧下さいませ。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright ©Department of Anesthesiology&Critical care, Asahikawa Medical College. All Rights Reserved.