国立大学法人 旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座の情報発信サイトです。日々のミニ講義、学会報告の様子等をお伝えします。

既卒アドバンス研修医 募集継続

心臓麻酔、超音波ガイド下神経ブロック、静脈麻酔他~仲良く楽しく研修しましょう!!~

はじめに

後期研修中の皆様、麻酔科医として勤務されている皆様、こんにちは。充実した麻酔科医としての勤務を過ごしておられますか? 初期研修終了後を対象とした専攻医プログラムばかり注目されていますが、卒後4-15年目くらいの皆様でも、アドバンス研修や特殊研修を検討されている方も多いと思われます。 当講座では、引き続きアドバンス研修を募集しております。期間は自由に選択できますので、よろしければ、是非一緒に勤務致しましょう。

対象

標榜医前後の皆様
ある程度、一般麻酔がかけられるようになった頃と思われます。専門医を前に、一歩進んだ、特殊麻酔を経験されませんか?
専門医前後の皆様
病院毎に決まった症例に対応して、ルーチン化された業務をこなすだけになっておりませんか?違う環境や術者、特殊麻酔を経験しながら、様々な麻酔科医と議論を交わし、自らのスキルや経験値を上昇させませんか?
他科医師の皆様
麻酔科医への転科でも結構ですし、外科系・鎮静下手技を行う内科系医師への転科を考えておられる方も宜しければ、是非、麻酔業務の研修を体験下さいませ。
麻酔研修先をお探しの方がいらっしゃいましたら、是非御一報下さいませ。当教室では、募集を延長しました。年度途中からの研修開始も随時受け付けておりますので、医師3年目以外の皆様も、是非とも研修をご検討下さいませ。

利点1:自由なプログラム

茜PICC当教室のプログラムの利点は、「自由」にあります。心臓麻酔主体、神経ブロック主体、ペインクリニック主体など、様々な研修様式から開始することが可能となります。もちろん、専門医を受験するころまでには、一通りの研修は終了できるので安心して専門医試験に挑めますが、それまでの道のりは様々な経路を選択することが可能となります。すぐに、JB-POTに挑んだり、先に留学をしたり、研究を主体にしたりなど、様々な実績もありますので、是非、御相談下さい。

利点2:千差万別のQOL

医局員が多いため、大学のdutyはとても少なく、日直は1回、当直は2回くらいしかありません。週末の時間の使い方は自由ですので、余暇重視・臨床重視・研究重視・収入重視など自由な選択が可能です。

利点3:出身大学や地域の垣根を越えた交流を深められる

スタッフの中でも杏林大学、埼玉医科大学などの旭川医大以外の出身者も多く、その他、北海道大学、大分大学などの出身者が多く所属しております。また、アドバンス研修として東京医療センター、山口大学などの皆様が短期~長期に研修に来ていただけているので、様々な交流を深めることが可能となっております。2016年度は、東京・福岡・長崎などから4名のアドバンス研修医が来旭されて日常の臨床・研究を経験頂いております。

利点4:国内外の豊富な留学実績

教授は東京女子医大に4年半所属し、海外留学は1年半ニューヨークで過ごしました。その他、多くの医局員が産科麻酔、小児麻酔、集中治療、神経ブロックなどの研修を関東・関西などで経験しており、常に最先端の医療を探究し続けられます。現在の留学者は臨床医師も含めて5名となっています。是非、医師としての可能性を広げて下さい。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright ©Department of Anesthesiology&Critical care, Asahikawa Medical College. All Rights Reserved.