国立大学法人 旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座の情報発信サイトです。日々のミニ講義、学会報告の様子等をお伝えします。

救急・集中治療分野

麻酔の前後に不可欠な救急医療と集中治療

周術期で全身麻酔はとても重要ですが、その前後の救急・集中治療が極めて有用であることはご存知のことと思います。当教室ではこれらの領域の充実を図るべく、多くの医師が診療に当たっております。救急部長は藤田教授、集中治療部部長・副部長は小北准教授・長島講師が就任され、稲垣助教、林健太郎助教とともに、臨床・研究・教育に活躍されております。

救急科Emergency Medicine

  ドクヘリ、ドクターカーなどで多くの患者を受け入れています。

集中治療部Intensive Care Unit

集中治療部は現在10床で運用しており,年間の総症例数は約700例を数えます。数年前まではSurgical ICUの性格が濃く、術後の症例が中心でしたが,近年虚血性心疾患,脳血管障害,重症感染症,多発外傷などの救急症例が増加し、対象疾患も多岐にわたっております。

SIRS/Sepsisに伴う凝固異常・臓器障害など複合した病態に対する患者管理や、通常の薬物療法では維持できないような心不全に対する補助循環など,すべての領域の重症症例を経験できる場を提供しています。もちろん,集中治療専門医研修施設の認定も受けており,専門医の取得も可能です。今後,増床によってさらに充実した研修ができるのではと期待しております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright ©Department of Anesthesiology&Critical care, Asahikawa Medical College. All Rights Reserved.