国立大学法人 旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座の情報発信サイトです。日々のミニ講義、学会報告の様子等をお伝えします。

教授より皆様にご挨拶

『最良の医療を提供するために ~麻酔科医ができること、麻酔科医だからできること~』

prof_kunisawa_160-150x150 平成27年10月15日付けで旭川医科大学 医学部 麻酔・蘇生学講座 第三代教授を拝命致しました、国沢卓之(たかゆき)でございます。以後、宜しくお願い申し上げます。
1.「患者様に安全」を提供するエキスパートです。
手術を目的に入院された患者さんを考えてみて下さい。細かい診断や術式も大事ですが、「術後痛いか?」「目が覚めるか?」が最大の関心事です。この現場に毎日立ち会い患者さんの安全を提供するのが麻酔科医の使命です。
2.「医療スタッフに安心」を提供するのも麻酔科医の役割です。
術中患者さんの状態がよければ、外科の先生は安心して手術に専念できます。看護師は、安心して看護に従事できます。手術外で鎮静や難しい点滴が必要になっても麻酔科医が担当すれば、メディカルスタッフは安心です。
3.「三種の神器」を常に保有します。
最新の知識、最高の技術、最大のおもいやりが揃ってこそ、最良の医療が提供できます。我々は、このためには、努力を惜しみません。
4.自らの幸福が出発点です。
自分に余裕とゆとりと充実感があると、人に優しくなれます。まずは、自身と家族が幸福であることが大前提です。その先に、理想とする医療が待っています。当教室員は、ここを基本として、上記三つの提供を目指します。
  • 「誰も想像しない世界を創造する」
  • 「世界の中心を旭川に」
二つのスローガンを掲げて、医局員一同で、「楽しく」・「安全で」・「最先端」の医療を提供できる講座を目指して参りますので、
  • 患者の皆様:安心して本院を受診されて下さい。
  • メディカルスタッフの皆様:何でも気軽に御相談下さいませ。
  • 若手医師・学生の皆様:一緒に高みを目指しましょう。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright ©Department of Anesthesiology&Critical care, Asahikawa Medical College. All Rights Reserved.