• 総説
  • 術中筋弛緩モニターつけてました! しかし,筋弛緩遷延
  • 著者:岩崎肇
  • 2018年4月刊行
  • LiSA

LiSA2018年別冊春号「2018のシェヘラザードたち」では24人のスペシャリスト達が彼らの失敗や経験から学んだことを紹介しています。

岩崎先生は第3夜「術中筋弛緩モニターつけてました! しかし,筋弛緩遷延 」の中で、偽のTOF反応によって筋弛緩薬が過量投与された症例を紹介されています。

同門である北海道医療センターの五十嵐浩太郎先生もご執筆されており、第2夜「何度でも立ち上がれ」の中で血管穿刺での失敗談を紹介されています。