• 総説
  • 米国アイオワ大学におけるTAVIの麻酔管理
  • 著者:黒澤  温,花田 諭史
  • 誌名:LiSA 2018; 25(10):1025-9.
  • 2018年10月刊行
  • LiSA 購入

本邦では,TAVIが保険適応にり,施設・症例ともに増加傾向です。アメリカでは,日本より少し早く認可され,2011年よりTAVIが開始されています。

本稿は,黒澤先生がアイオワ大学に1年間臨床研究に留学し,アメリカ・アイオワ大学で行われているTAVIの麻酔管理の変遷についてまとめています。

アイオワ大学では,現在年間160件程度行っていますが,手術室で行うえる症例が限界に達し,2016年からは血管造影室でも施行され始めました。それに伴い麻酔法も局所麻酔+鎮静へと移行してきており,実際の7年間の手術時間,麻酔法,施行場所などの変遷について,また,血管造影室での麻酔の注意点,局所麻酔+鎮静の麻酔管理のポイント,全身麻酔に移行した実際の症例について解説されています。